緑茶の成分と健康効果

緑茶

私立ち日本人が一番親しんでいるであろう緑茶。
何気なく飲んでいるお茶が、実は健康に効果的であると知っていましたか?
今回はその緑茶の驚くべき効果についてご紹介します。

まずお茶の成分として有名な「カテキン」
このカテキンには体内の活性酸素を防いでくれる、抗酸化作用があります。
これにより体の老化を防ぐだけでなく、癌などの病気の抑制効果もあります。
同時に悪玉コレステロールとも呼ばれる「LDL」の上昇も抑えてくれます。

そしてカテキンには殺菌作用がありますので、虫歯の予防や、食中毒の予防にも効果があります。
また口内の虫歯菌を予防してくれるために、口臭を抑えてくれる働きもします。
ブドウ糖の吸収を抑える効果もあるので肥満予防、成人病の予防効果も期待できるのでぜひお子さんにはジュースではなく、お茶を飲む習慣をつけていきたいですね。
同時に糖尿病、糖尿予備軍の人にもお茶を飲む習慣をつけて、血糖値の上昇しすぎを緩和しましょう。

そして次に上げたい成分が「チアニン」です。
このチアニンはお茶のほのかな甘みや、旨みの元となっている成分です。
脳細胞をリラックスさせたり、カフェインの作用を緩やかにしてくれる効果があります。
このチアニンは玉露や上級の煎茶に多く含まれている成分です。
これは煮出されたお茶には少なく、お茶っ葉に含まれているのでぜひお茶の葉も食べたいところですね。
お茶を出した後の茶がらは食物繊維も豊富なので、佃煮にするなどして食べてみて下さい。
またお茶の柔らかな新芽は天ぷらにしても美味しいので、食べる機会があったら試してみて下さいね。

そしてお茶は実はビタミンCも豊富なのです。
ビタミンCはカテキン同様に抗酸化作用が有り、疲労回復や、病気などに対する免疫力を高める効果もあります。
風邪気味の人、もしくは普段から風邪の予防のためにお茶を飲むことは、医学的にも有効なのです。
因みにビタミンCの含有量ですが、ホウレン草の3倍近く!
成人男女の1日あたりのビタミンC推奨摂取量は100mgなのですが、これはお茶10杯で摂取できる計算になります。

何気なく飲んでいるお茶に、これだけの効果があるとは驚きですね。
ぜひこれからもお茶を小まめに摂取するように心がけたいと思います。