腸内環境

腸内環境

お茶には茶カテキンという成分が含まれていますが、この成分について近年ではあることが分かりました。
茶カテキンには殺菌作用があるのですが、この殺菌作用はビフィズス菌などには影響を与えず、ウェルシュ菌などの悪玉菌だけに作用することが分かってきたのです。

ここで腸内細菌について説明をしましょう。
私たちの腸内には約100種類、100兆個もの細菌が存在しています。
この想像しがたい程の数の腸内細菌はその名の通り腸内に住み着いているのですが、その住み方が野山の草花のようだ、ということで「腸内フローラ」と呼ばれています。
因みにフローラというのは「花畑」を意味する言葉です。体内なのに何だか不思議な感じですね。

この腸内フローラの状態がどうであるかによって、腸内環境は変わってきます。
便秘や下痢で悩まされた経験はありませんか?
あれは腸内環境が良くないために引き起こされる症状です。
特に女性が便秘が続いて肌荒れが起こる…と悩んでいるように、腸内環境の状態は体に大きく関わってきます。
それどころか、大腸癌や高血圧、糖尿病にまで腸内環境は影響を及ぼしてくるのです。
健康であるためには、この腸内環境、腸内フローラの状況を良好に保つことが必要となってきます。

ここで重要になってくるのが乳酸菌の存在です。
腸内には善玉菌と悪玉菌がいます。この割合の内、悪玉菌が多くなると体に害を及ぼしてきます。
そのため腸内環境を良好に保ちたい場合は、善玉菌を多く腸内に増やさなければいけません。
そこでヨーグルトなどで代表される食物を適度に摂取していくことで、乳酸菌、ビフィズス菌を代表とした善玉菌を腸内に増やし、腸内フローラを良好に保つのです。
乳酸菌は腸内を酸性にし、病原菌を排除する働きや、免疫力を高めてくれる働きをします。
その他にも食べ物の消化・吸収を促進し、ビタミン合成、腸管運動を促進などの働きをします。

体の状態を良好に保つためには、体の中から良好にすることが大切です。
積極的に乳酸菌を摂り、腸内フローラを良好に保ちましょう。