お茶の製法

お茶入れる女性

一口にお茶といっても、色々な種類があります。
実は私達日本人がよく飲んでいる日本茶も、ケーキによく合う紅茶も、ホッとする風味のあのほうじ茶も居酒屋で御用達のウーロン茶も、実はどれも同じ茶葉から作られているのです。
ではどこで風味屋味が違ってくるのか?その違いを簡単にですが説明していきたいと思います。

・茶葉を発酵させるか、させないか
まず全ての原料となる茶葉ですが、茶葉は摘んだあとそのままにしていると発酵していきます。
ここで茶葉を発酵させると「紅茶」になります。
そして一回発酵させた後、発酵を止めるとウーロン茶になります。
発酵させなかった茶葉はまた別のお茶になりますが、そこでもまた様々な種類に分けられていきます。

・その茶葉は日覆いして育てられたものか
『日覆い』とはお茶に日光を遮るために黒い布をかけて育てたものです。
これを行って育てた茶葉を蒸して、手で揉むことによって高級茶葉である『玉露』となります。
手で揉む作業を行わない場合は抹茶の原料である『てん茶』となります。
では次は、発酵させていない、日覆いして育てていない茶葉ですが、こちらもその後の処理によって変わってきます。

・釜で炒るか、蒸して茶にするか
釜で炒ったものは『中国緑茶』となります。釜で炒っている分香りが良く出て独特の風味になるのが特徴ですね。
そして蒸した方は一般的なお茶になるのですが、この茶葉がいつ収穫されたものかによってもまだまだ細かく分類されます。

・収穫時期
春に収穫された茶葉は『煎茶』となります。お茶として広く流通しているお茶ですね。
対して夏、秋に収穫された茶葉は番茶となります。こちらは煎茶に比べると少し苦味があるお茶です。
そしてこのお茶をほうじたものが『ほうじ茶』、玄米を加えると『玄米茶』となります。

簡単な説明ですが、お茶について理解して貰えたでしょうか?
育て方や積んだ時期、処理によって一つの茶葉がこんなに多様な味と香りを持つのだから、お茶は奥が深いものですね。今度からは自分の飲んでいるお茶がどんな風に作られているのか考えながら味わってみて下さいね。