センナ茶

センナ

回はセンナ茶についてご紹介します。
センナ茶のセンナは下剤効果がある植物で、便秘解消のために便秘薬に利用される場合が殆どです。
なぜなら日本ではセンナの果実・小葉・葉柄・葉軸は医薬品として取り扱われており、健康食品や健康茶などに含まれる事は禁止されているからです。

ではセンナ茶の存在は?

実は医薬品として扱われていないセンナ茶には、センナの茎を利用してお茶を作っているため、健康茶としての販売が認められています。
センナの茎を利用する際に効能を謳わない限りは食品扱いで大丈夫だということですが、センナには副作用がありますので常飲することは止めた方がよいでしょう。

センナに含まれるセンノシドという成分は腸内の働きを活発にしたりする働きがあります。
しかし服用することで排便が常に促され、体のミネラルバランスが崩れるなどの恐れがあるのです。
それだけでなく今度は下痢を起こしたり、人によっては吐き気などの症状も起こる場合があります。
何より強すぎる作用のために今度は自力での排便が行えなくなるなどの副作用もあるので、センナ茶を飲む際には注意が必要です。
便秘だから、と軽い気持ちで試さずに、まずは医師に相談したり、軽い運動、食生活の見直しから始めて下さい。

因みに腸の動きを活発化させることで、妊娠中の人は早産、流産の可能性もありますので妊娠中の人はセンナ茶を摂ることは避けましょう。
センナ、センナ茶は頑固な便秘にもすぐ効果が出るとして話題になったお茶です。
しかし話題になるほどすぐ効果が出るということは、強い作用、強すぎる作用があるということです。
強すぎる作用は人の体に強い負担をかけ、副作用として外が出る場合も多くあります。
センナ茶を飲む場合はそのことをきちんと理解した上で、飲むようにして下さい。

センナ茶自体が悪いというわけではありません。
飲む際にはそのものをよく知った上で使用することが大事だということです。
皆さんもご注意して下さいね。