ウーロン茶の成分と健康効果

ウーロン茶

中国で作られたウーロン茶。
こってりしている中国料理の後口をさっぱりとさせてくれる優秀なお茶です。
そんなウーロン茶には脂肪吸収抑制効果がありますが、実はウーロン茶の成分はそれだけではないのです。
今回はウーロン茶の成分について紹介していきたいと思います。

実はウーロン茶はポリフェノールを多く含んでいるお茶です。
緑茶は茶葉中に含まれる酸化酵素を加熱することで不活性化させ、その後乾燥させたもの。
一方、紅茶やウーロン茶は茶葉中に含まれる酸化酵素の働きで茶葉を発酵させた後、乾燥したものです。
この発酵させる過程で紅茶もウーロン茶も緑茶とは違った風味を持つことになります。
そしてウーロン茶は紅茶とは違い、半醗酵と言って途中で発酵を止めるのですが、これによりポリフェノールを多く含むお茶となっているのです。

ポリフェノールは抗酸化作用による老化の防止やガンの抑制効果、中性脂肪を低下させるなど色々な病気を抑制してくれる働きをします。
その一つである抗酸化作用、体内の活性酸素を減らす働きですがウーロン茶ポリフェノールには活性酸素の除去効果のある消去してくれるSOD、スーパーオキシドジスムターゼの働きを高める効果があることが近年の研究で明らかになってきました。
またこの働きは老化防止だけでなく、肝臓などの働きも活性化させる効果があるようです。
お酒を飲む時や、脂っこい食事を続けている人はこのウーロン茶ポリフェノールに頼る機会も多そうですね。

またウーロン茶はエネルギー代謝を高める作用もあります。
中国ではこの効果によって中華料理にウーロン茶を合わせて摂取しているとも考えられます。
脂っこい食事を続けている人だけでなく、ダイエットを考えている人もウーロン茶を運動前の水分補給や、食事中に取り入れてみましょう。
同時にウーロン茶を飲むと、自律神経の働きを亢進し、緊張が和らぐ効果があることから、ストレスが溜まりやすい人もウーロン茶を飲んで、ゆっくりしてみてはいかがでしょうか。